中華料理 龍 OPEN記念祭

アマゾンで購入した携帯ラジオに音楽プレイヤー機能が付いていたので、図書館でCDを借りて聴いています。

前橋市の図書館では本のほかにCDや映画のDVD等も視聴覚資料として借りることができます。


でも1番聴きたい故Prince氏のゴールド・エクスペリエンスというアルバムが近くの図書館にないんですよね(;´Д`)

私は洋楽をそんなに聞かないのですが、このアルバムの最後にある「gold」という曲をとあるフリーゲームで

知って気に入っています。

検索機で市内の図書館にあるか確認をしてみて、なければTSUTAYAまで行って借りるとしましょう。



夕ご飯を西片貝にある中華料理 龍に行ってきました。

毎週届く広告新聞というフリーペーパーにOPEN記念セールで限定メニューが半額になると知ったので行ってみました。


お店に入りまずは対象メニューを見てみます。

中華料理 龍 半額メニュー

1品料理の定価が高めなのでしょうか?

半額で王将と並ぶくらいの値段です。


豚ガツの中華和えと豚肉の揚げあんかけを注文します。

ご飯も貰おうとしたのですが、売り切れだそうです。


中華料理屋でご飯が売り切れとは…。

炒飯を注文されたときどうするのでしょうか(^^;


半額対象外のラーメンを注文します。


最初に冷菜のガツ刺しから運ばれてきました。

中華料理 龍 ガツ刺し

ガツとは豚の胃のことです。


コリコリした触感が特徴で結構好きです。

ピリ辛ですが量が多くいいですね。


続いて豚肉の揚げあんかけが運ばれてきました。

中華料理 龍 豚肉の揚げあんかけ

豚肉だけではなく、ヤサイも素揚げされています。

それはいいのですがあんかけが酢を多く使われているようで私には酸っぱすぎるように感じられました。

王将の中華飯のような醤油味のあんかけで作っていただければ、美味しかっただろうな思いながら食べました。


最後にラーメンです。

中華料理 龍 ラーメン

麺は中太ちじれ麺で硬めです。

具はわかめとチャーシュー、刻みネギ。

スープが薄く、コクが感じられませんでした。

酢をかけて味を変えて食べました。


お会計は、豚ガツの中華和え 450円(税抜) + 豚肉の揚げあんかけ 490円(税抜) + ラーメン 550円(税抜)

= 1610円(税込)


ラーメンを定価で頼んだため、思っていた以上に高くなりました。

これ以下の値段で助六寿司さんで上寿司を頼めたり、東京のせんべろ居酒屋1件行けましたね(´-ω-`)


本格中華が食べられるということでネットの評価高めですが、私は王将中泉店や以前紹介させていただいた

福聚来さんの方が日本人好みの味付けがされていておいしく感じられました。


味覚や味の好みは人それぞれであることを再確認できました。



Comments 0

Leave a reply